<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< chikuni展 大阪コホロ | main | chikuni展 >>
本をめくると音楽が聴こえてきた
 




madoblog.event.kasanenoirome1.jpg

本をめくると音が鳴り、小さな風が生まれる。行間にこめられた感情や匂い、

音楽や色彩が、運ばれてくる。本をめくる行為はまるで、楽譜をみながら

演奏しているよう。テーマに選んだ本を、セッションで表現する

『本をめくると音楽が聴こえてきた』。vol.8は、『かさねの色目』を、

扇谷一穂さんと青木隼人さんの音楽と、御菓子丸のその場のお菓子作りで

お届けします。

———-

「かさねの色目」とは、四季折々の変化をその様相の比喩表現によって

色彩として感じ取ってきた日本人が作りあげた配色法です。

もともと衣服の表地と裏地の配色で、平安時代に公家の服飾

から生まれました。早春、初夏、初秋、初冬など、前後の季節が重なり合う

四季の移ろいへの融和を第一に考えた平安時代の人々は、自然の美に従い、

それを忠実に取り入れることで服飾の美を得られると信じました。

——-

今回は、「紫苑」、「櫨」、「白菊」、「雪の下」という4種の色目を、

御菓子丸が生菓子でその場で作り上げていき、

扇谷一穂と青木隼人が、声と楽器の旋律をかさねていきます。

生菓子と音楽による“秋から冬へうつろう森”が完成したら、

お客様にお1人お1つ、生菓子をお召し上がり頂きます。

かさねの色目が生まれるその場所で、季節の移り変わりを、

耳で聴き、食べることで、実感して頂けたら嬉しいです。


会場は、11/29(土)が愛知県岡崎市のmado cafe

11/30(日)が京都市左京区の恵文社一乗寺店コテージです。

ぜひ、お越しください。

——

【mado cafe】

2014年11月29日(土)at mado cafe(愛知県岡崎市井内町字下堤43-1)

開場:18時30分 開演:19時

料金:3000円(御菓子丸の生菓子とmado cafeのドリンク付き)

定員:限定32名

——-

【恵文社一乗寺店コテージ】

2014年11月30日(日)at 恵文社一乗寺店コテージ

(京都府京都市左京区一乗寺払殿町10
恵文社一乗寺店 南側)

開場:17時 開演:17時30分

料金:3000円(御菓子丸の生菓子とお茶付き)

定員:限定40名

———

mail予約:ignition.gallery@gmail.com

件名を「かさねの色目・ご希望の会場名(例:mado café)」として、

お名前(ふりがな)・ご連絡先・ご予約人数を明記の上、

メールをお送りください。

店頭予約:mado cafe、恵文社一乗寺店コテージの各スタッフの方に、

お名前・ご連絡先・ご予約人数をおつたえください。

——

【プロフィール】

扇谷一穂

東京生まれ。幼少時より能とバイオリンを習う。中学生の時ジャズを夢中で聴くうちに、音としての自分の歌声の響きに面白さを感じ、大学在学中にオリジナル曲を作り始める。’02年オリジナル曲アルバム『しののめ』(midicreative)にてアルバムデビュー。深く手触りのある歌声と、都会的なセンス溢れる詞と楽曲で注目を集める。 ’07年におおはた雄一プロデュースによるスタンダードを中心としたカバーアルバム『Canary』(galactic)’10年に『たくさんのまばたき』(tropical)をリリース。3アルバムともにアートワークを自ら手がけ、個展・ライブを重ねる。 CM曲やナレーション、客演作品も多数。ゴンチチのクリスマスアルバムへ作詞・歌唱で参加するなど多彩に活動している。

http://kazuhooogiya.com

青木隼人

ギター演奏を中心に音楽を続ける。自主レーベルgrainfieldからCD作品をリリースしている。ソロでの演奏活動のほかharukanakamuraとのデュオなど。


http://grainfield.net/

御菓子丸

和菓子ユニット・日菓の杉山早陽子によるソロプロジェクト。

果実に始まり、時代に合わせて変化し続けてきた日本の菓子。自然の色や形を生かしながら、現代において目に美しく、体においしい菓子とは何か、考え作る実験工房です。

——

デザイン:福嶋一之

企画:熊谷充紘(ignition gallery)