<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 山田稔明 レコ初屋根裏ライブ | main | SASAKLA & John John Festival 「 Trek Trek 」release tour 完売のオシラセ >>
SASAKLA & John John Festival 「 Trek Trek 」release tour
 madoblog.sample.jjfsasa2.jpg



8月21日に発売されるSASAKLA & John John Festival の共作アルバム
「 Trek Trek  」のレコ発ライブをマドカフェにて開催します!

日にちは8月25日(日)夕方からのライブです♬
残席も残りわずかとなっております!
夏の夜にぴったりなステキなライブ◎ぜひお問い合わせください!!


SASAKLA & John John Festival 「 Trek Trek 」release tour

8月25日(日)岡崎 mado cafe 30席限定

18:00 open 19:00 start   ¥3,000( +1drink order )

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

SASAKLA & John John Festivalによる共作アルバム「 Trek Trek 」

SASAKLAのオリジナル楽曲からアイリッシュのカバー、インストチューンまで。
鳥達のさえずりや静かに降り注ぐ雨。梢を抜ける穏やかな風。
スタジオの扉を開け放ちそこにある音をそのまま包み込んだ本作には、
一つ一つの情景が浮かぶ様な手触り豊かな時の流れが刻まれています。 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




madoblog.sasakla1.jpg

SASAKLA

本名 笹倉慎介 1981年生まれ。


フォークやカントリーをベースに、ブルース、ロックからポビュラーソングなど
様々なルーツ音楽をバックボーンにもつシンガーソングライター。
2008年 1stアルバム「Rocking Chair Girl」を発表。
2011年 自身のレコーディングスタジオでのバンドセッションを収録した
ミニアルバム「Country Made」をリリース。
全国各地での弾き語りライブのほか、NHK Eテレでは「2355」のおやすみソングや
「0655」のおはようソングのヴォーカルを担当。


ライブでは空間の持つ響きに寄り添う演奏スタイルを大切に、
繊細なタッチでつま弾かれるアコースティックギターから
フラットピッキングまでバリエーション豊かな音色と歌声が、

心地よい臨場感でオーディエンスを包み込んでゆく。


レコーディングスタジオやカフェを営み、生活の中で生まれる音楽と暮らしている。
最新アルバム「Spring Has Come」を2013年5月8日をリリース。



http://sasakurashinsuke.com







madoblog.jjf1.2013.jpg

John John Festival

イギリスの隣の小さな島国、アイルランドの音楽を演奏する3人組。
 
フィドル(バイオリン)と歌、ギター、それにアイルランドの太鼓バウロンを

使って奏でる音楽はリズムやグルーヴ、優しさ楽しさ、時に哀しさに満ちている。
空気に触れて、呼吸を合わせてどこまでも高く登りつめ、
呼吸を整えてどこまでも静かにささやく音楽。
弾く人も聴く人も幸せにする、それがJohn John Festival。
 
結成2010年1月。
1st album『John John Festival』同年10月リリース。
また同年8月にリリースされた、東京のアイリッシュバンドを集めた

コンピレーションアルバム『TOKYO IRISH GENERATION』には

おおたか静流をゲストに迎え1曲参加。

2011年鬼束ちひろ『剣と楓』に1曲プロデュース兼演奏で参加。
同年12月には青山CAYでの自主企画「JJF感謝祭」を開催。
2012年3月に2nd album『歌とチューン』をリリース。
森のカフェフェスinニセコ、Life is beautiful、東京蚤の市、

森道市場といった野外フェスにも多数出演。
北海道から九州まで全国ツアーも毎年行っている。


http://www.johnjohnfestival.com